増え続けている大腸がんの治療方法を理解しよう

看護師

若年者でも気をつけよう

相談を聞く医者

飲酒や喫煙の習慣があると咽頭がんになりやすいといわれているため、この病気は中高年男性に多いと一般に認識されています。ところが鉄欠乏性貧血が遠因となる場合もあり、また日本人でも知らずに感染していることが多いEBウイルスも咽頭がんの原因となるので注意が必要です。

Read More..>>

食道に発生する癌

手を差し出す看護師

食道がんの治療は進行が軽度であれば内視鏡での治療、進行が重度の場合は外科手術、放射線治療、または両者の併用を医師との相談の上決定します。早期の治療が重要であり50歳以上で飲酒量の多い人は、年に一度は内視鏡検査を行うようにしましょう。

Read More..>>

原因や予防法

病院の廊下

胆のうや胆のう菅に腫瘍が出来ることを、胆のうがんといいます。従来は早期発見が非常に難しいとされていましたが、近年では医療技術の発達により、たとえば高性能な超音波(エコー)検査によって腫瘍を発見しやすくなり、早期発見が可能になってきました。そのため、胆のうがんによる死亡率は年々減少してきています。

Read More..>>

検査方法と治療法

知っておきたい知識が満載です。大腸がんの症状や治療方法はこちら!病気になってから焦らないためにも情報収集しておくと良いですよ。

大腸内視鏡カプセルとは

腹痛の女性

大腸がんは男女ともに増加しているがんで、ステージによって治療法も変わります。大腸がんを確定診断するには大腸内視鏡検査を受けることが必要です。この検査の方法ではお尻からカメラを入れますが、これは人によっては羞恥心を感じるかもしれません。そのため、この検査に変わって最近医療現場に導入されてきているのが、大腸内視鏡カプセルです。これは超微小なカメラを内服し、そのカメラが大腸内の写真を撮る方法です。また、これは保険適用となり、カメラを飲み込むだけなので、苦痛もなく羞恥心もないと言えます。2、3日で便と一緒に排出されます。そのため大腸内の観察だけの方には、とても有効な検査方法と言えます。

内科的治療法、外科的治療

大腸がんの治療法としては、外科的治療と内科的治療があります。まず大腸がんの確定診断する方法は、大腸内視鏡検査を受ける必要があります。カプセル検査では写真が見えにくいこともあり、閉鎖部分がわかりにくいことがあります。また大腸がんは大腸内の狭窄があるため、カプセルを飲んでも排出されないことも考えられます。そのため、大腸がんの疑いがある人は内視鏡検査が必須となります。もし手術適応となった場合は外科的治療法でがん部分の切除を行います。大腸の切除部分により合併症がありますが、がんそのものを切除できるため手術後は再発していないかのフォローが必要となります。また、大腸がん以外に他臓器やリンパ節に転移していた場合に、転移部分が切除できれば手術で切除となります。しかし手術が不適応の場合は内科的治療を行います。そのため放射線治療や化学療法が必要になります。この場合はがんが小さくなったかの確認が必要になってきます。外来通院も可能ですが、入院して経過を見ることもあります。

Copyright © 2015 増え続けている大腸がんの治療方法を理解しよう All Rights Reserved.